2016/09/29

林茂樹展「Entertainment Ceramics vol.4」開催のおしらせ


今年の秋会期第1弾は、幣廊では4度目となる待望の林茂樹さんの個展です。
新作を発表するたびに大きなジャンプを繰り返している林さんですが、
今回は今年4月に初めて発表した作品「deva device “GR-D”」を中心とした展示となります。
本作はこれまでの作品の進化系として、コンセプト・技術ともにさらに研ぎすまされており、
パーツ数は増え、サイズも大型化しています。
鋳込み技法を用いた精度の高い作品は、ありきたりではないやり方でやきものであることを武器として、
自らの世界観を強固なものとし、ますますその可能性を切り開いています。

本展示は、地元であり産地である多治見ならではの、制作プロセスにまで踏み込んだ他にはない展示となります。
なお、会期中10/2(日)には岐阜県美術館の正村美里さんをお迎えし、
林さんに制作のことや現在考えていることなどについて、いろいろと訊いていただく予定です。
独自の想像力によって美術/工芸といったカテゴライズを軽々と飛び越えてゆく、林さんの現状をぜひともご覧ください。


林茂樹展「Entertainment Ceramics vol.4」
2016.10.1(土) – 10.10(月・祝)
13:00-18:00
会期中休廊日はありません
作家在廊日:1日(土), 2日(日), 9日(日), 10日(月・祝)
・アーティスト・トーク 2日(日) 17:00〜18:00
林茂樹×正村美里(岐阜県美術館 副館長兼学芸部長)
・オープニングパーティー 2日(日) 18:00〜

2016/09/27

日々の茶|160927


本日の一服は、松永圭太さんの茶碗「甲」でいただきました。
お菓子は恵那すやの栗きんとん、皿は横山拓也さん、
折敷はWOHL HUTTEさんのものです。

2016/09/24

フリーペーパー「He-art(ハート)」で林茂樹さんが特集されています


アート系フリーペーパー「He-art(ハート)」で林茂樹さんが特集されています。
新作「deva device “GR-D”」が表紙を飾っており、これまでのキャリアを振り返ったインタビュー記事が掲載されています。
また、弊廊にて来週末から開催の林さんの個展についても触れていただいております。
展示の予習にはもってこいの資料ではないでしょうか?

設置場所はこちらになります。
弊廊にも少量ですが入荷しましたので、もしご興味のある方はご連絡ください!

日々の茶|160924


本日の一服は、駒井正人さんの碗でいただきました。
お菓子はR.Lのワッフルケーキ、皿は服部竜也さん、
折敷はWOHL HUTTEさんのものです。

2016/09/21

日々の茶|160921


本日の一服は、茶碗は横山拓也さんの緑碗でいただきました。
お菓子はSANOAHのキャラメルサンドクッキー、皿は松永圭太さんの『thumbprint 10』、
折敷はWOHL HUTTEさんのものです。

2016/09/20

谷口製陶所HPリニューアル


谷口製陶所のホームページが本日リニューアルスタートしました!
こちらもディレクションは名城大学建築学科の谷田真先生です。
URLは以下になります。

http://taniguchi-tiles.com/


人に依頼されてがっつりHPを作るのは初めてだったので
なかなか難しい部分もありましたが、とりあえず無事に完成してホッとしています。
カタログとほぼ同じ内容が掲載されていてボリュームがあるので、ぜひ一度ご覧いただければと思います。
今後も引き続き特注や修復タイルなど、谷口製陶所ならではの内容を
随時追加していく予定ですので、どうぞご期待下さい!