2017/07/13

横山拓也 展「省略の美学」開催のおしらせ


弊廊初となる横山拓也さんの個展を開催します。

横山さんとは最近落語の話をすることが多く、
彼の作品と落語に共通する部分は何だろうと考えたところ、
つくり手/演者が全てを説明しようとするのではなく、
表現に必ず余白があり、観る側に解釈を促し、また想像力を喚起するところだと思い至りました。
また、伝統を再解釈しそれをアップデートしていく姿勢にも重なる部分が多いのではと思います。
なお、タイトルも若手落語家、立川吉笑さんの著書「現在落語論」から拝借しました。

今回の展示では定番の白と黒(粗い土を用いた新しいシリーズもあります)の作品はもちろん、
岐阜という土地にいろんな意味で馴染みの深い、緑釉/織部の作品も出展していただく予定です。
横山さんらしい動きのあるかたちの茶碗から花器、酒器、食器など幅広いラインナップとなります。
久しぶりの地元での個展となりますので、ぜひともご覧ください!

横山拓也 展「省略の美学」
2017.7.15(土) – 7.23(日)
13:00-18:00
会期中休廊日はありません
作家在廊日:15日(土), 16日(日)

2017/06/14

「桂宮治 落語会」開催のおしらせ


このたび、弊廊にて2年ぶりに落語会を開催することとなりました。
今回来ていただくのは、落語芸術協会に所属している二ツ目、桂宮治さんです。
今勢いのある若手で、これから益々の活躍が期待される落語家さんです。
ハイテンションな宮治さんの噺は、とてもわかりやすくて老若男女問わずみんなを笑いの渦に巻きこみます。
また、落語芸術協会の二ツ目によるユニット「成金」に所属するなど、幅広く大変精力的に活動してらっしゃいます。
落語に慣れ親しんでいる方も、これまで聴いたことがない方も楽しんでいただける、
なかなかない機会ですので、もしご興味のある方はぜひおこしください!
なお、チケットはinfo@spaceohara.comまでお問い合わせください。

桂宮治 落語会
2017.7.8(土) 14:30開場 15:00開演
木戸銭|2,000円
問い合わせ先|info@spaceohara.com

[プロフィール]
芸名:桂 宮治(かつら みやじ)
本名:宮 利之(みや としゆき)
生年月日:昭和51年10月7日
出身地:東京都
階級:二ツ目
出囃子:阿波踊り
紋:結び柏

[芸歴]
平成20年2月
桂伸治門下として二月下席より浅草演芸ホール楽屋入り
平成20年3月
浅草演芸ホールにて初高座「子ほめ」
平成24年3月
下席より二ツ目昇進

[出演番組]
NHKラジオ第一「日曜バラエティー」
NHK総合テレビ「演芸図鑑」
BS日テレ「笑点特大号・若手大喜利」
日テレ「笑点」
日テレプラス「らくらくゴーゴー!」
TOKYO MXテレビ「5時に夢中」
フジテレビ「噺家が闇夜にコソコソ」
フジテレビ「東京落語歩き」

[受賞]
平成24年 NHK新人演芸大賞 落語部門 大賞
平成25年 にっかん飛切落語会 最優秀賞
平成26年 前橋若手落語家選手権 優勝
平成26年度 国立演芸場花形演芸大賞 銀賞
平成26年 にっかん飛切落語会 最優秀賞※二年連続
平成27年 第26回 北とぴあ若手落語家競演会 北とぴあ奨励賞
平成27年 第2回 高円寺エトアール寄席二ツ目グランプリ決定戦 優勝

[趣味]
適度な飲酒・子育て・家族と戸越銀座を散歩

[コメント]
とにかくお客様に笑っていただけるように・・努力します!

2017/06/04

可児孝之 展「ボクのなかのイチブ。」終了しました!


可児孝之 展「ボクのなかのイチブ。」終了しました!
会期中、たくさんの方々におこしいただきどうもありがとうございました!

今回も可児さんらしい多彩なバリエーションの作品が並び、
とても見応えのある展覧会だったと思います。
毎回変化を遂げていく作品群は、新鮮で見る側に多くの刺激を与えてくれます。

弊廊はこれで今月はお休みをいただき、
来月は8日に桂宮治さんの落語会、そして15日からは横山拓也さんの展覧会を開催いたします。
これから暑くなっていきますが(特に多治見は…)、どうぞ引き続きご注目ください!

2017/06/02

可児孝之 展「ボクのなかのイチブ。」残り2日です!


可児孝之 展「ボクのなかのイチブ。」7日目終了しました!
今日は若干風が強かったですが、涼しくて過ごしやすい1日でした。

今日ご紹介するのは赤絵の蓋物です。
蓋物は絵付けがぎゅっと凝縮されていて情報量が多く、
また開けたときの驚きもあるので個人的にとても好きです。
絵のモチーフとその描き方や柄の配置など、
手のひらに収まる小さなサイズながら見所がとても多いです。

さて、本展示の会期も残すところあと2日となりました。
とても写真では伝えきれない情報量のある展示ですので、
ぜひ実際にご覧いただければと思います!

2017/06/01

可児孝之 展「ボクのなかのイチブ。」6日目終了しました!


可児孝之 展「ボクのなかのイチブ。」6日目終了しました!
連日いい天気が続いていて、展示中はとてもありがたいです。

今回の展示でおそらく一際変わっている(?)作品は、
写真の「ヤクニタタナイモノ」シリーズかもしれません。
タイトル通り特定の機能を持っていない作品ですが、
そのぶん純粋にかたちや質感に目がいく部分もあります。
壁にかかっている陶板と合わせて、可児さんの作風のあるエッセンスが
凝縮されているようにも思えて、他のシリーズと見比べてみるといろんな発見があります。
数多くのシリーズがありますが、その中から通ずる部分を
読み取るのもおもしろいかもしれません。

2017/05/31

可児孝之 展「ボクのなかのイチブ。」5日目終了しました!


可児孝之 展「ボクのなかのイチブ。」5日目終了しました!
今日も日中はとても暑く、夏の到来を感じはじめました…

今回の展示では、もちろん食器も出展していただいております。
ふだんから使えるちょっと手のこんだものもあり、
ちょっと気分を高めたいときに使ってもらえるといいかなと思います。
写真のカップ&ソーサーも絵がびっしり描き込まれていて、
ついつい見入ってしまいます。

さて、早いもので会期も半分を過ぎました。
多種多様な作品が並んでおりますので、
ぜひお見逃しのないようよろしくお願いします!